若い感性によって考案されたビジネスアイデアに
関心のある中小企業や金融機関等の皆様へ

知財ビジネスアイデア学生コンテストPaProSo ファイナルステージ

本コンテストでは、近畿地域の大学生、大学院生及び高等専門学校生が社会課題解決をテーマとして、若い感性による発想力や企画力をもとに、3部門でビジネスプラン(①パテント部門:既存の特許技術を活かした新事業、②デザイン部門:社会課題解決を目指す意匠(デザイン)に基づいたビジネスプラン、③地域ブランド部門:地域ブランドの活性化を目指すビジネスプラン)を検討し、その成果を発表します。

ビジネスにイノベーションをもたらす知的財産と、若い感性によって考案された斬新な商品・サービス及びそのビジネスプランに触れていただけます。皆様のご来場をお待ちしています。(事前の観覧申込をお願いします)

ファイナリスト紹介

一次審査を通過したファイナリストの
ビジネスプランが勢揃い!
優秀者には以下の賞を授与します!・最優秀賞(近畿経済産業局長賞)・関西みらい銀行賞・審査員特別賞

パテント部門
No.1
京都橘大学
加藤ゼミ
「高強度な植物性プラスチック」を活用した環境にやさしいマイボトルレンタルサービス
プレゼン概要
私たちのチームでは、プラスチック問題を解決いたします。具体的には、近年増加している無料給水機に着目し、ペットボトルの排出量を削減します。このサービスでは、富士通株式会社の特許「高強度な植物性プラスチック」を活用し、環境に配慮したボトルを作成することで、今よりも無料給水機を有効活用します。これにより、わが国だけでなく全世界で問題になっている海洋汚染や地球温暖化の解決に貢献します。
本選に向けて
大阪・関西万博に向けた斬新かつ環境に配慮したビジネスプランを全力で考えました。我々のプレゼンを聞いてください。
No.2
大阪大学
OU Law 知財ゼミ
フードロス対策ソリューションのご提案 ―冷蔵庫内カメラ画像に基づく食材管理・レシピ提案アプリ―
プレゼン概要
私たちのチームは、フードロス問題の解決及び子育て世帯の家事負担軽減を目指し、冷蔵庫内カメラ画像に基づく食材管理・レシピ提案アプリを提案しました。私たちが提案するシステムでは、カメラとアプリがクラウドサーバを介して連携することで、食材管理やレシピ提案を実現します。このシステムは、九州工業大学の特許「画像認識装置及び画像認識方法」を利用することで、自動認識できない食材にも対応することができます。
本選に向けて
私たちは、講義で学んだ知的財産法の実践を目的に、本コンテストに参加しました。3年生9名、4年生2名の計11名が一丸となって事業提案に取り組んできました。私たちの事業提案を是非ご覧ください。

No.3
大阪工業大学
Advan-Seat
観光通知アプリをメインとした旅行者の旅を手助けするプラットフォームビジネス
プレゼン概要
私たちは、外国人観光客の旅を手助けするプラットフォーム・ビジネスを考案しました。ナビゲーションシステムに関する開放特許を活用し、旅行者の関心に応じて、①新幹線等での移動中に通過する観光地を見逃さないプッシュ通知&観光情報を無料で提供し、そこから、②日本各地の名産品を日本で手に入れることができる購入と配送の機能も提供するアプリです。これは、オーバーツーリズムという社会課題の解決にも役立つと考えます。
本選に向けて
留学生のニーズから、このビジネスプランを考案しました。このアプリを通じて外国人観光客の方が、より日本のことを知り、より便利に全国各地の名産品を購入でき、そして日本を夢見る外国人が増えることを期待します。
No.4
大阪工業大学
NO MY KID
Aroma Arena ~AIを用いて新たな可能性を~アロマがつなぐプラットフォームビジネス
プレゼン概要
私たちのチームは、アロマ専用のSNSがなく、日本ではアロマが普及していません。そのため、アロマをもっと広めたいという思いからアロマ専用のSNSである「Aroma Arena」を考えました。このサービスに、株式会社日立製作所の特許「データ合成装置および方法」を活用することで、香りという嗅覚情報をAI画像生成で視覚化し、プラットフォームビジネス化できるのではないかと考えています。
本選に向けて
私たちの班はメンバー全員がアロマに興味を持ってます。そこで、皆にアロマをもっと知ってほしいという思いが班全員で一致し「このアイデアでいこう!」となりました。これを機にアロマに興味を持っていただければ幸いです。

No.5
大阪工業大学
大灯台
高齢者の見守り防災サービス
プレゼン概要
私たちは、高齢者が災害情報に気づかず逃げ遅れることを解決するため、日頃から利用可能な高齢者の見守り防災サービスを考えました。パトライト社の特許「表示灯」と気象庁の「早期注意情報」を活用することで、災害発生前から対応できます。表示灯は通知受信時に回転し、耳が聞こえにくい高齢者も察知可能です。また、タクシーと連携しているため、避難時に派遣依頼を行うことでより迅速な対応が可能です。
本選に向けて
私たちは、高齢化と災害大国であるという社会問題に対応すべく、実際に足を運び、多くのヒアリングを行い、何度も案の練り直しを重ねてきました。ぜひ、お聞きください!

デザイン部門
No.6
和歌山大学
IWATA DIVISION
Foods Buddy
プレゼン概要
私たちは、フードロスを解決するため、廃棄予定や消費期限間近の食品を安価に、サブスクリプション形式で消費者に提供するフードシェアリングサービスをデザインしました。本サービスでは主な顧客を大学生に設定し、先の食品を保有する商品提供者と、大学生のマッチングを図ります。結果的に、食品ロスが削減され、大学生は簡単に社会貢献ができます。商品提供者は、ロスの削減だけでなく、将来的な顧客の獲得が期待できます。
本選に向けて
私たちは、本コンテストへの参加を通して、具体的なビジネスプラン策定をすることにより、貴重な経験をさせていただきました。最終審査会でプレゼンできるという機会に感謝しています。精一杯頑張りますので、応援、よろしくお願いします。
No.7
同志社大学
MUKKs
コドモヒロバ ~いじめダメよヤメよ~
プレゼン概要
私たちのチームは、小学生の新たなコミュニティを広げるビジネスアイデアを考案しました。 このアイデアを活かし、全国の小学生がこれまで以上に活発で明るく、充実した学校生活を送ることができる日が来ることを願っています。
本選に向けて
まさか通過すると思っていなかったので嬉しいです。このプランは子どもたちを孤立から守る特効薬になると思います!大きな舞台なので緊張しますが精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします!

No.8
同志社大学
The Last
Close (clothes) to Open ~服を通してより良い世界へ~ 
プレゼン概要
私たちのチームは、より多くの人が生きやすく、自分自身を表せる世の中にしたいという思いから、服装の悩みを解決するサービスを提案します。また、昨今ではプチプラと呼ばれる価格帯の低い服が流行しており、たくさんの衣類廃棄が存在することから、身近な古着サービスとして衣類ロスを解決するサブサービスをも展開します。 私たちのサービスはダイバーシティ問題と環境問題の二つの解決に導けるサービスとなっております。
本選に向けて
私たちは、3人それぞれの身近な体験や悩みからサービスを考えました。Z世代ならではのアイデアとなっていると思います。皆さんのプランも楽しみです!大会楽しみましょう!

地域ブランド部門
No.9
摂南大学
KHS
無用と思われる植物によるSDGsの最大効果(セイタカヨシ由来食器)
プレゼン概要
私たちは大阪府交野市で扱いに困り、駆除対象となりつつあるセイタカヨシを活用し、紙製品を生産することで自然保護やSDGsに取り組むプランを考案しました。セイタカヨシから紙製品を生産する理由は近年、プラスチック製食器を紙製食器で代用する取り組みが盛んに行われている背景や自然保護、SDGsの達成を目標とする私たちのプランとも相性良いためです。将来的には地域の自然環境を支える産業になることを目指しています。
本選に向けて
プランを構想した直後は考えた取り組みと目的の矛盾点や問題点の改善に苦しみましたがチームでプランの改善に取り組むほど、実際にプランを実現できるような感覚を肌で感じながらプランを作り上げました。
No.10
大阪芸術大学
未来創造デザイン研究会Aチーム
aipon
プレゼン概要
私たちは、コロナの流行により地方自治体や施設が受けたダメージを解決するため、地域に密着したオリジナルカプセルトイ・aiponを考えました。この商品には地元の人にとって身近なものをグッズにすることで、その地域や場所に対して愛着を覚える効果があります。これを全国のあまり脚光を浴びていない地域に展開していき、地元の人にもお客さんにも地域愛を生み出すこと、その効果を地域振興に役立てることを目指します。
本選に向けて
私たち未来創造デザイン研究会はデザインの力でより良い社会を創造する、という理念のもと様々な活動をしています。その活動の中でデザインとビジネスを融合したサービスデザインを学んでいます。私たちはこれからもデザインの力を活かし、様々なプロジェクトを進めていきます。

No.11
大阪芸術大学
未来創造デザイン研究会Bチーム
河南町ブランディング- 河南でつながる豊かな未来-
プレゼン概要
私たちは、大阪府河南町の野菜の魅力を多くの人に知ってもらいたいという気持ちからこのプランを考えました。河南町の野菜は新鮮で美味しいですが、その魅力は伝わり切っていないのが現状です。そんな河南町野菜の魅力を私たちはデザインの力を活かしてより多くの人に伝えたいと思っています。河南町の野菜をブランディングすることで多くの人が繋がっていくそんな活動です。
本選に向けて
「河南町野菜の魅力を多くの人に知ってもらいたい」そんな私たちの想いを、聞いてくださる方に届けられるように、全力でこの貴重な機会に挑みたいと思います!よろしくお願いします。
No.12
同志社大学
チームひらい
Go! Go! CHA ガユ♪~ミャクミャクと受け継がれる奈良の茶がゆ~
プレゼン概要
私たちは1200 年以上前からの歴史があり、奈良の伝統食である「茶粥」に興味を持ちました。しかし、伝統食でありながらも認知度が低いことを問題点とし、茶粥のビジネスプランのPR 方策を考えました。奈良の「茶粥」は、煮出したほうじ茶の中に冷やごはんを入れて炊いたもので、さらっとしているのが特徴です。「大和の朝は茶粥で明ける」といわれているほど「茶粥」は奈良の代表的な日常食なのです。このビジネスプランにより、国内外からも広く注目されることを目指しています。
本選に向けて
我々が普段大学生活を送っているこの近畿圏には、決して忘れられてはならない古くからの日本の伝統や文化がたくさん眠っています。昨今での健康、美容ブームによって老若男女問わず国内外からの支持が得られることを期待しています。


11:00~16:20 プレゼンテーション(12チーム程度)
16:20~17:30 交流会(ファイナリストとの交流など)
17:30~18:20 結果発表&表彰式

会 場

大阪工業大学梅田キャンパス
OIT梅田タワー 3F 常翔ホール (大阪市北区茶屋町1-45)
◯JR「大阪」駅・御堂筋線「梅田」駅・谷町線「東梅田」駅から徒歩5分
◯阪急「大阪梅田」駅から徒歩3分
◯阪神「大阪梅田」駅から徒歩7分
大阪工業大学梅田キャンパスOIT梅田タワー

観覧ご希望の方は、
こちらのフォームより、お申し込みください。
定  員/ 200
複数名でお申し込みの場合も、
人数分の必要事項をそれぞれお送りください。
定員になり次第締切になりますので、
お早めにお申し込みください。